twitter
facebook
  • about
  • news
  • download
  • contact
  • links
mail magazine

ミュージックチャリティー企画「ONE HEART JAPAN 2011」第3弾 iTunesストアにて発売開始!
Category: FEATURE music news 2011.05.02

音楽を通じて被災地支援を!
ミュージックチャリティー企画第3弾が iTunesストアにて発売!

ONE HEART JAPAN 2011 vol.3

ONE HEART JAPAN 2011 vol.3

価格:900円(全曲) / 150円(1曲)

ご購入は iTunes Store から

  1. Endroll / DRIED BONITO
  2. 千の夜をこえたメロディ / アコソフ
  3. 手と声と / 三木千夏
  4. 幸せ星 / 山本のりこ
  5. 幸せソング / 宮崎 幸子
  6. こもりうた / コロリダス
  7. Holy Song / subtare
  8. 旅先 / LOVE ATTACK EVE
  9. 夕やけの唄 / 金杉あみ
  10. Heart Beats… / sing-taro for 風輪
  11. これでいいのだっ / のマド
  12. やさしい風 / flowren
  13. 今日から明日へ / LUCE
  14. Back Stage Talk / Street Rats
  15. One Small Step / 道脇 直樹
  16. ホタルライト / hotel light hill’s band
  17. ひかり / 備前守
  18. Greenhorn / DREADNOTE
  19. 静かなる誓い / シャルキィロマ
  20. snows / innervisons

アーティストコメント

Endrollが流れると悲しかった映画も終わりです。そしてまた新しい章が始まります。悲しい唄のようで、実は希望の唄です。明日からまた一歩ずつ始めよう!
DRIED BONITO

未曾有の震災により空いた隙間を ハピネス平野さんの呼びかけで 集まったハンドメイドな音楽達によって 少しでも埋めるコトが出来たら…
アコソフ

心おだやかであることは、とてもつよいこと。
音楽を聴く人それぞれの気持ちがおだやかであることをそして、大変な想いをされている方に届く力のほんのわずかな部分でもこの歌でになうことができたらと、心から願っています。
三木千夏

小さい頃、母に星の名前を教えてもらった夜。泣いていても、家に帰る頃には涙は乾いていたね。
ささやかな普通の日々のなかに、もう一度幸せを見つけられますように。空に願おう。
山本のりこ

不安を抱えて生活している方
尊い命を亡くされた方
明日のため、未来のために死力をつくしている方
遠い地で心を痛めている方

震災に関わる全ての方の心に、 一日も早く幸せの風が吹きますように。
宮崎 幸子

確実に人々の意識を変えた出来事から早二ヶ月。
自然の驚異的な力の前では何のなすすべもなく、ただ茫然と立ちつくし時間だけが残酷に流れていく・・・・・・・
なんてコメントはすでに違和感を感じる。
みんな何かを失った。取り返しのつかない命までも。
もう前に進むしかない。いや、すでに進んでいる。
やられたら、やりかえそう。みんなで手を取り合って、心を一つにして・・・・。One Heart Japan。
subtare / Miztani yukimasa

この曲をきいた方が、こころおだやかに眠れますように
コロリダス

ちいさな力しかありませんが少しでもお役に立てればと参加させて頂きました。
一日でも早く多くの方がしあわせと笑えますように。
LOVE ATTACK EVE

その先へ進む事が、困難であっても光は自分達をいろんな形で照らす
やさしさが集まるその先へこのalbumと共に想いを届けたい 一緒に
金杉あみ

Heart Beats…
地球の鼓動を感じ日々を生きる。
レペゼン茨城の消防士crew
BACK DRAFT SOUNDの想いの詰まったこの音に乗せ。

やれる事をやれる時に精一杯。
sing-taro for 風輪

前を向いて歩いて行くチカラになることができたらと願います。
ほんの、ほんのわずかでも。
山本 敬子(のマド)

わたしたちは歩き方を、立ち上がり方を知っています。
わずかでもその支えになれる歌であればうれしく思います。
どうぞよろしくお願いいたします。
flowren

東北地方太平洋冲地震の被害に遭われた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
いつか日本中のみんなにまた笑顔がもどりますように。そんな願いをこめて、この曲を選びました。
下を向いた顔を上へ向かせてくれた音楽のチカラ、そしてみんなのチカラを信じています。
Street Rats

この度の震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
私は阪神淡路大震災で被災した経験があり、本企画に参加致しました。
曲名通り小さな一歩にすぎませんが、少しでもお役に立てれば幸いです。
道脇 直樹

”ひとりはみんなのために みんなはひとりのために ひとりはみんなのために ひとりのために”
hotel light hill’s band 藤田竜史

北海道で活動しているDREADNOTEです。今回の震災で自分にできることがあればと思っていたところに今回のアルバムの話を伺いました。
僕たちの曲が少しでもお役にたてれば嬉しいです。
DREADNOTE 岸 孝志

震災後、毎日を震えながら過ごしました。ある方からこう言われました。「みんなそうです。でも自分は音楽で救われてます」。
音楽に携わる者として、できることからやろう、と思いました。わたしたち自身のために…。
シャルキィロマ

綺麗で、時に淡々と、時に激しい、雪のようなイメージで作ってみました。
この曲は、今年の3月12日に開通した札幌駅前通地下歩行空間でBGMとして流れています。機会があれば耳を傾けてみてください。
innervisons

←music TOP へ