twitter
facebook
  • about
  • news
  • download
  • contact
  • links
mail magazine

ミュージックチャリティー企画「ONE HEART JAPAN 2011」第2弾 iTunesストアにて発売開始!
Category: FEATURE music news 2011.04.18

音楽を通じて被災地支援を!
ミュージックチャリティー企画第2弾が iTunesストアにて発売!

ONE HEART JAPAN 2011 vol.2

ONE HEART JAPAN 2011 vol.2

価格:900円(全曲) / 150円(1曲)

ご購入は iTunes Store から

  1. Heart & Soul ~みんな一生懸命~ / タマル
  2. “I” / kei × ほまれ & × NGKB
  3. Forever Friend / elect-link
  4. 希望のうた / 福井洋介 & 池田聡
  5. Bye Bye SUPERSTAR / アポロ・ボーイズ
  6. トンネルを抜けるんだ / 赤松隆一郎
  7. Alright feat. Mizuki / U-4
  8. ためらいウォーク / とんちピクルス
  9. 君のために / 人と人
  10. Rainbow Connection / CHAKA OBATA COMO
  11. 雨ニモ負ケズ (One Heart Japan 2011 Version) / Pecombo
  12. 五月の雨が上がったら / キウイとパパイヤ、マンゴーズ
  13. 悲しみよこんにちは / ユメオチ
  14. 電話をするよ / 川上次郎
  15. ai / cancells

アーティストコメント

この度の震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。
「with Heart and Soul」=「一生懸命」。強く優しく、一人ひとりが、一生懸命に生きる。それは、被災地に、そして、日本各地、世界中に、曇りない笑顔と穏やかな毎日を取り戻すために、きっと、誰もが出来ること。
長い道のりになると思いますが、微力ながら、心いっぱい応援していきます。
みんな、一生懸命!
タマル

自分を(I)を愛を信じて、未来を創っていこう。必ずこの世界はかわります。未来を創るのは私たちだから。
歌は祈り。。。
kei

テレビから流れてくるニュースをただ呆然と見るばかりの日々。
一人ではいられませんでしたし、「みんなで」協力していきたいと思いました。
「Forever Friend」なんて普段はなかなか言えない言葉ですが、
みなさんと気持ちを一つにして困難を一緒に乗り越えていく事を願っています。
elect-link

「希望」という言葉は被災地の方にはまだ時期尚早かもしれない…でも子供達のためにこの歌を作らずにはいられなかった…作詞の池田聡君とボクと長男多朗が歌ってます。少しでも子供達が元気になりますように。
福井洋介

どんなに無力でも無気力にだけは負けないよう。そのぬくもりと勇気で。
アポロ・ボーイズ

こういう時、誰かに何かをする、というのはとても難しいです。だからまず、誰かに、ではなく自分をしゃんと保つための歌を作った。
もし僕と似たあなたがいれば、という気持ちを持ちながら。
赤松隆一郎

今回若手ボーカリストmizukiとこのアルバムに参加させて頂きました。
今前を向く事も中々難しいですが間違いを恐れずゆっくりゆっくり前に進もうと言う思いを歌詞に込めました。
U-4 「Alright feat.Mizuki」

今は不安と絶望で心も体も固くこわばっている。いつかみんなが柔らかく笑える日が来ますように。
とんちピクルス

それでどうなる訳でもないかも
それでどうなる訳でもなくても
僕は阪神淡路大震災を経験しました。その時も全国の皆さんに励まされ、今があります。だから今すぐに力になれる事は僅かでも、一時的なものではなく、ずっと忘れずに関心を持ち続けようと思います。
復興を願って。
人と人

人と人との心をつなぐ大切な音。
共に響き合い、共に分ち合い、共に進もう。

コモ(CHAKA OBATA COMO)

未曾有の大災害で被災した全てのみなさまの心身が少しでも癒され明日に向かって歩き出せる事を願いながら、東北の魂そのものである宮沢賢治さんの詩に曲をつけ歌い演奏させて頂きました。誰かの何かのお役に立てれば…
Pecombo

五月雨=梅雨があけたら、作っておいた梅酒でも飲んで鮎釣りに行こうよ。という曲です。あまり重たい意味はありません。こちらの事情も考えず、勝手に巡る季節ですが、受け止める時は皆一緒にです。そして、何をしても、しなくとも、僕らは結局止まっている、なんて事はないのだと思います。
キウイとパパイヤ、マンゴーズ

本当に偶然なんですが、地震の直前(その日の朝)に出来た曲です。
これから起こるかもしれない悲しいことに心の準備をしておいた方がいいという内容が今回のことに少しリンクしてて、怖かったです。
それにしても平野さんの行動力には感服します。
ちょっとでもお役に立てますように。
ユメオチ

今回被災した皆様に心よりお見舞い申し上げます。
無音の中、雑踏の中ただただ不安な夜を過ごしている方々のお気持ちは僕らにはとても察しのつかぬ孤独な気持ちだと思います。
早く健やかに、<なんて事のない日々>に皆様が戻れるようボクなりの形で、気持ちで心を込めて歌いました。何かのお役に立てれば幸いです。
まだまだ色んな形で応援し続けますからね。
川上次郎

ハピネス平野氏の呼びかけに、共鳴したミュージシャンがTwitter上で結成したcancells。その3日後にレコーディングした「ai」。バンドは即席でも、みんなの「何かできる事をしたい」という想いは同じでした。
cancells

←music TOP へ